一般用電気工作物の点検業務とは……

 皆さまの会社やお住まいの電気設備は、使用者である皆さまに保安の責任があり、東京電力が4年に1回の調査を義務づけられております。そこで、東京電力は関東電気保安協会等に4年に1回の調査を委託しております。悪いところがあると、改修のアドバイスをすることになっております。
 しかし、電気設備は毎日使用しているものですから、使用状態によっては、もう少し短い期間で点検をしないと、事故をおこす原因を見逃すことにもなりかねません。
 そこで、昭和51年に『電気事業法』が改正されて、東京都電気工事工業組合が、経済産業省より『登録点検業務受託法人』として認可を得、一般用電気工作物を有する皆さまの電気設備を代わって点検することができるようになりました。
(一般用電気工作物とは、主に一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している場所等の電気工作物をいいます。)
 これは、組合が皆さまとご契約させていただき、皆さまの電気設備の保安の責任を代行する制度で、点検業務といいます。

1年に3回の点検が、電気設備の安全と機能を保障いたします
 組合と契約をされますと、年間僅かな点検料(下記の料金表をご参照下さい)で、ベテラン技術員が、年1回の精密点検と4ヶ月に1回の目視点検とで年3回くまなく調査を行いますから、万一の電気事故も未然に防ぐことができます。

ご契約期間中に事故がありましたら組合が損害賠償の責を負います。TECちゃん
 契約期間中に、点検業務上での過失で、万一電気事故が起こった場合には東京都電気工事工業組合が1億円までの損害賠償をさせていただきます。
 安心して、ご契約下さい。

点検技術員は組合の認定を受けたベテランの技術員です。
 点検技術員は、電気工事士の免状を取得後一定の実務経験を積み、更に資格講習を受講した後に組合が認定して、「技術員証」を携帯しております。また、5年毎に更新講習会も義務づけられており、常に技術力の向上に努めております。

点検業務の契約料金は次のとおりです。
 点検料は皆さまが電力会社と契約されている「契約容量」により決まります。検針票に記載されておりますのでご参照下さい。

点検業務点検料
(消費税別)
契約容量(kVA・kW) 年間料金(円) 契約容量(kVA・kW) 年間料金(円)
30A以下 13,000 28 55,000
40A以下 15,000 29 55,000
50A以下 20,000 30 55,000
60A以下 35,000 31 60,000
37,000 32 60,000
39,000 33 60,000
40,000 34 60,000
10 41,000 35 60,000
11 42,000 36 65,000
12 42,000 37 65,000
13 43,000 38 65,000
14 43,000 39 65,000
15 43,000 40 65,000
16 45,000 41 65,000
17 45,000 42 65,000
18 45,000 43 65,000
19 45,000 44 65,000
20 45,000 45 65,000
21 50,000 46 70,000
22 50,000 47 70,000
23 50,000 48 70,000
24 50,000 49 70,000
25 50,000 (注)同一需要場所で2契約以上である場合は、合計をもって契約最大容量とみなし、契約料金を算定いたします。
26 55,000
27 55,000

平成28年4月1日からの電力小売り自由化に伴い、実量制(スマート契約)の電気契約をされているお客さまは、上記契約料金とは別のプランをご用意いたしますのでご相談ください。

点検業務に関してのお問い合わせは下記までお願いいたします。
組合事務局 TEL03-3542-7301