東京電気安全サービス



         



組合員 各位
                       東京都電気工事工業組合技術部

        
電気工事業法巡回指導のお知らせ

8月、9月は電気工事業法巡回指導月間です。地区本部毎に選任された指導員の方々が皆様の事業所にお伺いしまして、「電気工事業法」を遵守しているかどうかの確認をさせていただきます。「電気工事業法」の遵守は私たち電気工事業を営む者にとりまして絶対的義務であり、全ての電気工事業者が対象になるものです。指導員の方々がまいりましたら是非ご協力のほどお願い申し上げます。

今年の巡回指導では「本証のコピー」を頂きますので事前にご準備ください。

なお、本年度も「電気工事業法」を遵守している事業所に対しまして『電気工事業法遵守事業所適合証』を配布いたしますのでご了承下さい。
「電気工事業法」の中で私たちが特に守らなければならない主な条文はこちらです。それぞれ罰則規定もありますのでご確認下さい。



組合員 各位
                        平成27年11月 吉 日

                         東京都電気工事工業組合
                        理事長 井 出 榮 一

     
 都工組共同受注事業参加希望者台帳ご提出について

拝啓 時下、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は当組合の運営に対しまして、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、都工組では昨年度より、組織活性化委員会を立ち上げ、今後益々の組合繁栄の為、組合組織改革の一環として中長期の事業計画を検討してまいりました。
 その中で、今後、共同受注のあっせん及び施工協力を充実させることを目的として、組合員の皆様より「共同受注事業参加希望者台帳」のご提出をお願いしたいと考えております。 主旨を十分ご理解の上ご協力いただきますようお願い申し上げます。
                                  敬具

「都工組共同受注あっせん」

【主旨】 都工組として今後共同受注(工事、メンテナンス等)を行うに当たり、業者選定 を円滑に進めるための基本台帳とします。 なお、共同受注への参加を希望されない方は、任意提出とします。

【目的】 共同受注あっせんの為の台帳ですので、受注可能な項目のみの記載で結構です。

【利用】 記載いただいた台帳は都工組本部での保管とし、2年ごとに再提出をお願いし更 新をします。更新前の台帳保管はいたしませんし契約でもありません。あくまで 参考です。また、受注あっせん以外には利用いたしません。

※組合員の皆さまには別途郵送でご案内をお送りいたします。提出は同封させていただく返信用封筒にてお願いいたします。提出はメール(tokoso@tokoso.jp宛)でも可能です
 台帳用紙はこちらからもダウンロードできます。
 ファイル展開にはパスワードが必要です。事務局(TEL03-3542-7301)までお問い合わせください。
 提出期限:平成28年1月29日(金)



                                        平成28年1月吉日
組合員各位

                          東京都電気工事工業組合
                          理事長 井 出 榮 一

  
第三者賠償保険制度、交通事故傷害保険制度への加入のお願いについて

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
当組合の事業運営には、格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、標記の第三者賠償保険制度は昭和53年に導入され本年で38年目の募集を迎えることとなりました。平成19年度より現行の補償限度額プランに加え、近年の大型事故に因る保険金支払額の高騰、物価の高騰及び賠償観念の高騰を踏まえ、組合員の皆様によりご安心頂くために、『年間補償限度額3億円』のプランをご用意しております。
 また、平成25年度から『データ損壊特約付きプラン』をご選択いただけるようになり、更に補償範囲を拡充いたしました。
 なお、本制度を安定的に且つ永続させるために、従来通り結線ミスによる事故の免責金額を10万円、同一保険期間に2度以上事故を起こし、保険金を請求された組合員の方には次年度の年間保険料を3割増とさせていただいております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 皆様もご承知のとおり、事故に対する補償の意識が社会全体の流れになりつつあります。
 組合員の皆様にとりましては、今まで以上に工事の安全、そして技術向上や事故防止対策が必要となりますことは言うまでもありません。
 時代の趨勢として、当組合といたしましては不測の事故に備える企業の防衛の手段として第三者賠償保険に、また従業員の方がもし交通事故に遭われたときの補償のために交通事故傷害保険制度に、組合員全員の皆様がご加入していただきますようご案内申しあげる次第でございます。
                                                 敬具

 本制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

 最近、元請けから賠償保険加入の義務を求められることが多いようです。
 本制度は中途加入が出来ず、また個別契約ですと保険料が高くなる為、是非この機会にご加入ください。

 申込締切日:平成28年1月29日(金)(自動継続ではありませんのでご注意ください)
 
 申込み方法:所定の申込書にて所属の地区本部にお申込み下さい。
 なお、申込書は組合機関誌「月刊電気工事業」1月号に同封しております。
 (銀座、江東・墨田、江戸川、葛飾、上野、新宿、豊島文京、板橋・北、練馬、杉並中野地区本部に所属されている組合員の皆様には、申込書を郵送でお送りいたします。)

 保険料の納付について:
 申込書同封の所定の振込用紙にて、指定の口座にお振り込みください。
 お振込手数料は恐れ入りますがご負担下さい。
 保険料の金額はくれぐれもお間違えの無いようお願いいたします。
 (データ損壊特約付きプランを希望される方は特にご注意ください。)






       施工証明書適用率向上の取組みのお願い

                       東京都電気工事工業組合技術部

 日頃は当組合の活動にご理解、ご協力賜りまして誠に有難うございます。
 さて、「施工証明書兼お客さま電気設備図面」については平成19年4月からの本格的運用以来、東京電力パワーグリッド株式会社様にご協力いただき、月々の適用率の採録を行っておりますが、全関での目標値に到達するため、皆さまのさらなるご協力を切にお願い申し上げます。
 そもそも施工証明書は、不適合率を低減し、電気工事の品質を向上させるために使用しているものであり、お客さまはもちろん我々電気工事業者のために取組んでいるものです。施工証明書を使用するにあたっては、下記のとおりお取り組みいただき、適用率の向上へご協力賜りますようよろしくお願いいたします。
                           記

 1.東京電力パワーグリッド鰍ヨの申込み
  「施工証明書兼お客さま電気設備図面」を必ずご使用下さい。

 2.FAX申込、インターネット申込の場合でも、保存内線図面の表紙に「施工証
   明書兼お客さま電気設備図面」左側半面(自主検査(法定検査)結果記入欄の
   ある側。以下:「A面」と称します。)を必ず添付して下さい。

 3.竣工調査に際して、「施工証明書兼お客さま電気設備図面」の自主検査(法定
  検査)結果欄を全て記入の上、下記@〜Bのいずれかを必ず実施して下さい。
  
@竣工調査立会時に持参して下さい。
  A竣工調査日の前日までに現場分電盤等のわかりやすい個所に保管して下さい。
   この場合「A面」のみでも「可」とします。
  B上記@、Aが難しい場合は「A面」のみをコピーして、東京電力パワーグリッ
   ド鞄槙Y事業所窓口へ、調査日前日までにFAXにて送信して下さい。
 
  ※お客さま、または工務店等の署名の無いものも適用可とします。

 4.お客さまに「施工証明書兼お客さま電気設備図面」をお渡しする場合は、竣工  調査のときに調査員に見せていただくように説明をして下さい。



                                      平成28年3月

         「グループ共済制度」ご加入のお願い

  都工組のグループ共済制度は事業所の弔慰金や死亡退職金の準備を目的として
 昭和44年に導入以来、組合員の皆さまのご理解ご協力のもとご加入のご案内を実 施しております。
  グループ共済制度は組合員間の相互扶助の制度であり、加入者が多ければ多いほ ど制度の安定化が図れます。
  また、都工組独自の制度である病気・障害見舞金制度も付帯しております。
 都工組組合員のためのグループ共済制度でございますので、未加入組合員におかれ ましては事業主ご自身の保障として、また従業員の皆さまの福利厚生制度としてぜ ひこの機会ご加入いただきますようお願い申し上げます。

 組合員でつくるグループ共済制度の詳細はこちらをご覧ください。

 引受保険会社について
 「アクサ生命保険株式会社」および「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式
 会社」は、いずれも内外の格付け会社から高い評価を受けており、組合員の皆さま にも安心していただける生命保険会社です。

 ・保険財務力格付け(S&P社 2015年9月30日現在)
   アクサ生命保険株式会社 「A+」
   損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 「A+」

 ご加入のお問い合わせは・・・
  東京都電気工事工業組合 担当:菅原
  〒104−0045
  東京都中央区築地3−4−13電気工事会館2階
  TEL03−3542−7303  FAX03−5565−8501

 ご加入は随時受け付けております。




         
エコアクション21への取り組みについて


都工組事務局では平成23年8月に「エコアクション21」の認証登録を致しました。

「持続可能な社会」の構築に貢献するこの制度は、各事業所における環境への取り組みを効果的・効率的に行うことで、コストダウンや従業員の意識改革の実現を推進します。また環境への関心が高まる昨今、事業所の社会的信頼性の向上へとつながることも期待出来ます。詳細につきましては、本部事務局までお問い合わせ下さい。  

                  東京都電気工事工業組合 築地本部
                  TEL03-3542-7301 FAX03-5565-8501

   都工組が作成した環境レポートをご覧になりたい方はこちらから

  エコアクション21について(東京都中小企業団体中央会HP)
  エコアクション21について((一般財団法人)持続性推進機構HP)



         低圧進相コンデンサの発火危険性について

 低圧進相コンデンサの発火危険性についての情報です。
 保安装置(異常が生じた場合、コンデンサを電源から切り離しができる装置)が内 臓されていない昭和50年(1975年)以前に製造された低圧進相コンデンサは 、長期間の使用による経年劣化からその内部で電気絶縁性がなくなり絶縁破壊が生 じて破裂し燃え上がる危険性があります。
 (内部短絡電流による絶縁体の炭化と内圧の上昇でケースが破壊し空気に触れて燃 え上がる)
  火災事故の未然防止のために是非こちらをご覧下さい。
  「古い低圧進相コンデンサ」は発火の危険性があります!
          (パンフレット提供 社団法人 日本電機工業会)