本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

フルハーネス型墜落制止用器具の勉強会を開催しました

2021-10-05
●フルハーネス型墜落制止用器具勉強会

開催日:令和3年7月5日(月)
会 場:東京都電気工事工業組合 武蔵野地区本部
主 催:武蔵野・練馬・世田谷地区本部による合同開催

間もなく完全施行されるフルハーネス型墜落制止用器具を着用した時の昇柱方法及び実際に電柱から吊り下がった状態を確認できました。
また、はしごによる昇柱におけるランヤードの使用方法及び、はしご使用時にベルブロックを使用した場合の考察もできました。
昇柱においてはほぼ現状と変わりなく、フルハーネス着用の場合はランヤードフックホルダーが前面についているためフックの脱着が容易でした。
柱上で落下しショックアブソーバーが伸びた場合は現在より落下距離が長いため、途中の街路灯・足場釘・電線や看板等の障害物との接触を考えるとかなり危険です。
フルハーネスの着用は安全で良いのですが、ランヤードに関してはショックアブソーバーの長さが問題になると考えられ、長ければ長いだけ危険が増し、今のセーフティーロープをランヤードの代わりに装着した方が安全ではないかと思われます。現場の意見が行政に届くように業界全体が協力することを望みます。
作業用建築足場や電柱等の様にフルハーネスを使用する現場別に多くの検証を行うことが可能ならば、現場の熟練作業員や未来ある作業員の安全を確保できるはずです。
法律を作ったからではなく、法律を作るための検証を現場中心に考える業界になっていくことを期待します。
今回は実際の電柱より吊り下がりましたが、電柱による吊り下げ検証は初とのことでした。
この結果を踏まえ、以後の昇柱用フルハーネス型墜落制止用器具の安全とさらなる発展を願います。

電気使用安全月間に「電気安全キャンペーン」を実施しました

2021-09-13
8月の電気使用安全月間に、都内各地で「電気安全キャンペーン」を行いました。

コロナ禍ということもあり、地域のイベントに参加するかたちでのキャンペーンは出来ませんでしたが、お客さま宅へ電気安全チラシやエコバッグ、マスクケース等をポスティングさせていただきました。お客さまのお宅にご訪問の際は、これらをお手渡しし、電気使用安全月間の意義をご説明させていただきました。

「第一種電気工事士筆記試験受験準備講習会」 を実施しました

2021-08-24
●第一種電気工事士筆記試験受験準備講習会

日時:令和3年8月21日(土)、22日(日)午前9時~午後6時
場所:電気工事会館7階

第一種電気工事士筆記試験の受験対策講習会を行いました。過去の出題傾向を徹底分析し、頻出問題を中心に短期間集中で合格点に達する力をつけるのが組合の講習会のスタイルです。毎年たくさんの第一種電気工事士が誕生しています。

「コロナ対策換気設備研修会」 を実施しました

2021-08-20
●コロナ対策換気設備研修会(青年部会)

日時:令和3年8月10日(火)午後6時~午後7時
場所:電気工事会館7階
講師:三菱電機住環境システムズ株式会社

新型コロナ感染対策としての換気ニーズの高まりに伴って、青年部会で技術研修会を行いました。
換気対策については厚生労働省や公的機関のデータに基づいて研究結果が出ており、法で定める基準をクリアするための換気量の把握が不可欠です。
飲食・小売り店舗だけでなくさまざまなお客さまにもご提案できる内容でした。

「低圧電気取扱特別教育」 を実施しました

2021-08-02
●低圧電気取扱特別教育
(労働安全衛生法第59条第3項、労働安全衛生規則第36条第4項による)

日時:令和3年7月31日(土)午前9時~午後6時
場所:電気工事会館7階

8月の「電気使用安全月間」を間もなく迎えるということもあり、夏季に多発する感電災害について、感電と人体の反応、人体の内部抵抗、許容接触電圧、といった視点で丁寧に掘り下げました。

最近では、高所作業車での伐採作業中に、作業員の方が高電圧送電線に接近し感電死傷されるという痛ましい災害が相次いでいます。

低圧であってもその危険性を軽視するような事があってはなりません。
感電死亡災害件数の約半数は低圧による事故とも云われており、高圧による事故より高い割合を示す年もあります。特に夏季は汗をかくため、皮膚の接触抵抗が小さくなり、人体に大きな電流が流れやすくなります。
TEL. 03-3542-7301
お電話でのお問い合わせもお待ちしています